王女の男

2011時代劇

韓国ドラマ「王女の男」年表

韓国ドラマ「王女の男」の第5代王 文宗、6代王 端宗、7代王の 世祖の家系図や年表になります。
韓国ドラマ「王女の男」のキャスト一覧はこちら


王女の男 王族家系図

韓国ドラマ「王女の男」はキム・スンユ とイ・セリョン の政敵の子供同士のラブストーリーも面白いですが、韓国ドラマの時代劇の恒例の王座をめぐる権力争いも激しいです。

王座の権力争いは 母親が違う皇子同士が母親の実家などの貴族勢力も巻き込んで 繰り広げられますが、
「王女の男」では 母親が同じなのに 次男に生まれたスヤン大君が自分の兄で長男の朝鮮5代王 文宗 に激しく嫉妬し、権力を自分のものにしようと必死になります。

文宗 の長男が第6代王 端宗が王位継承しますが、わずか3年で 王座から追い出し、自分が 7代王 世祖として王座につきます。世祖の在位期間は 1455~1468とわずか13年。

世祖の長男は1457年に若干20歳で 死去、世祖の次男は 第8代王 睿宗 として王座に就きますが、在位わずか13カ月で死去。
権力争いに勝って王座を手にした世祖でしたが、自分の子供たちは 短命に終わってしまいました。


朝鮮5代王 文宗 の長女 敬惠公主 は 父が亡くなった後 弟の端宗 が6代王になったのに、1453年にスヤン大君に 癸酉靖難をおこされ、キム・ジョンソなど端宗派を殺害されてしまいます。
スヤン大君が実権を握り、その後わずか3年で王座をスヤン大君に奪われます。

1455年に世祖の側近を取り除こうとする「錦城大君瑜」にかかわった夫 チョン・ジョン は1455年に流刑され、1456年の死六臣事件の罪も加重されます。
結局 1461年に陵遲處斬 という 大逆罪を犯した者に科した最大極刑をされて亡くなります。

敬惠公主 も チョン・ジョンと一緒に流刑され、官婢になります。
その後 息子を産みますが、世祖 の貞熹王后が親しく養育されたそうです。

世祖が1468年に死去、敬惠公主は1473年に死去。
「王女の男」の中でも 敬惠公主はあまり幸せそうな描かれ方をしていませんでしたが、
史実の中でも 敬惠公主はスヤン大君を恨んで さみしい人生を送ってようですね。

最近の記事

  1. 不滅の恋人
  2. 不滅の恋人ルシゲ
  3. 不滅の恋人ソン・ジャヒョン
  4. 不滅の恋人チニャン大君
  1. 未分類

    1000000035.php
  2. 未分類

    1000000032.php
  3. 未分類

    1000000405.php
  4. 未分類

    1000000197.php
  5. インス大妃

    2011JTBC

    韓国ドラマ「インス大妃」キャスト
PAGE TOP